Welcartを設定し、子テーマを設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生まれ年ワインショップのバナー

Welcartに子テーマを導入

 WordPressにWelcartを導入。レスポンシブデザインでもあるWelcart Basicをテーマに選び、基本設定を行います。これは、Welcartのサイト内にも導入フローがあります。
https://www.welcart.com/wc-flow/

 この位は私もあまり苦労せずにできる範囲。これから、生まれ年ワインショップ独自の設定をしたいので、まずは子テーマを作成します。WrodPressの子テーマ作成方法を調べようと「wordpress 子テーマ 作成方法」とググると、次の2つのページが上位1位、2位で表示されました(2016年7月)

1位表示
『wordpress子テーマの作り方!style.css・各テンプレートファイル・function.php の設定手順』
http://viral-community.com/wordpress/wp-child-theme-5818/

2位表示
『WordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方など』
http://nelog.jp/wordpress-child-theme

 子テーマについて仕組みも分かりますし、それが分からなくても導入方法だけ読んで導入できるのであれば、それでも問題ないと思います。ガンダムの世界で例えると、親テーマはモビルスーツ本体、子テーマは装甲・パーツ・武器など。親テーマを変えてしまうと、違う武器を持たせたい時にモビルスーツを新たに開発や改造しなくてはいけないけど、子テーマで編集していれば、武器を持ちかえるだけでOK・・・余計に分かりにくいでしょうか(^^ゞ

 話がそれましたが、1位表示のページと2位表示のページで1点異なる説明が、子テーマの呼び出し方法。これは、2位表示のページを参考にしてください(なので、2位ページのみURLをクリックできるようにリンクを貼っています)。理由は、

”以前は、子テーマ側のstyle.cssで@importを利用して呼び出す方法が主流でしたが、「@importを利用すると呼び出しが遅くなる」などの弊害があるので、functions.php側で呼び出す方法が現在推奨されています。”

とのことです。
 無事設定は完了し、子テーマで動くので、ここから生まれ年ワインショップ独自の設定をしていきます。最初に行ったのは、サイトタイトルを画像に設定することでした。

お願い

 検索でここにたどり着いた方は、自営業者さんでWelcartを導入しようと思っている方だと思います。役に立った方は、ビジネスでの贈り物に当店生まれ年ワインショップもしくは、日本初のプレゼント専門ワインショッププレゼントワインショップをご利用いただけると嬉しいですm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生まれ年ワインショップ

生まれ年ワインの魅力は何といっても、生きていた時間を飲むということです。自分と同じ年数を生きている飲食物なんて考えられますか?
大切な方の特別な記念日に、忘れられない生まれ年ワインを贈りませんか?

『生まれ年ワインショップ』へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*