RedirectionにSimple301redirectsのデータをインポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressのリダイレクト設定に、Redirectionを使うことが多いです。
しかし、生まれ年ワインショップでは何故かSimle301redirectsを使っていました。
2つのプラグインともリダイレクトするには良いプラグインですし、csvから一括インポートも出来て便利です。

redirectionが優れている点

シンプル301リダイレクトは、リダイレクト設定に関しては表示も見易く直感的です。

simple301redirectsの設定画面

simple301redirectsの設定画面

redirectionも同様の転送ルールが出来上がります。
ただredirectionにはそれ以外にも、以下のような設定がありました(まだ使っていません)

httpsやwwwアリナシの正規化設定?

ドメイン変更時に使えそうなものと、httpsやwwwアリナシの正規化設定?私は。htaccessでやっているけど、これで良いならラク!

転送ログ

転送ログ。実際に転送された履歴が確認できる

Simle301redirectsから他のサイトでも使っているRedirectionに変えて統一したほうが今後の管理がラクだなと思い、変更することにしました。

redirecstionに簡単に移行できる設定がある

当初は転送ルールをSimle301redirectsからcsvでエクスポートしたものをredirectionでインポートしようと思っていました。
しかし、いざインポートしようとしたときに、目に留まったのが次の画像の赤線の部分です。

Simle301redirectsからインポート

「Simle301redirectsからインポート」と書いてある!

そこで、このボタンをクリックしてみると、一瞬でインポートされました。

インポート!

インポート!

転送ルーが設定された!

転送ルールが設定された!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください