EC-CUBEを止めてWelcartにした理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
EC-CUBE

「生まれ年ワインショップ」をWelcartで独学構築していますが、実は最初はEC-CUBEをインストールしました。でも、商品を1つだけ登録した後、削除しました。

二大ショップCMS

 以前書いたように、日本初のプレゼント専門のワインショップ『プレゼントワインショップ』というサイトを、shopformerという無料のPHPカートプログラム(現在は配布、サポート共になし)でカート機能を組み込んで構築しています。全てタグ打ちして作っている静的なサイトなのですが、やっぱり複数運営するとなるとCMSが良い!

 そこで、EC-CUBEか、Welcartで考えていたのですが、やっぱり国産プラットフォームのEC-CUBEか?と考え、最初はEC-CUBEをインストールしました。そして商品を1つ登録して、構築していこうと思ったのですが・・・分からない!!まず、デザインが、どこをどういじればいいか、直観的に分かりにくいです。まぁ、これは慣れたらよいのですが、念の為カートで当店独自の設定ができるかどうかもしらべることにしました。

 例えば、当店はオリジナル文章のメッセージカードが作成できたり、お気に入り写真を同梱できたり、のし紙を選択出来たりします。あとは、箱も無料のギフト箱以外に有料の木箱があったり。
 しかし、調べていくと、EC-CUBEはこれらの設定が難しい!できるものもあるのですが、こりゃ、できそうにないなというものもありました。デザインうんぬんより、ここがEC-CUBEを断念した一番の理由です。

Welcartは結構自由度高いぞ

 そして、WordPressのWelcartを調べると、デザインに関しては『プレゼントワインショップ』でお客様の声をご紹介するためのブログをWordPressで作っていたので、多少は慣れています。そして、決済プラグインをはじめ、プラグインでカートも工夫ができそうです。
 そして、検索すると色々施工方法が調べられるのも嬉しい。あと、公式本があるのと、フォーラムが充実しているのも嬉しいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小さなECサイトのWordPress+Welcart導入・設定ガイド [ 南部正光 ]
価格:3024円(税込、送料無料) (2016/12/28時点)


慣れたら読まなくなりますが、最初の「どこから登録していけばいいのだろう」という段階では重宝しました^^

 私の場合は、カートシステムが一番の理由でしたが、やはりデザインは後からなんとかなっても、注文方法で思うようなカートが組めなければ意味がありません。それぞれのカートシステムで何ができるか、しっかり調べてみることをおすすめします。
 ちなみに、私の場合、カートの自由度の問題で最初からASP(カラーミーなど)は考えていませんでしたが、カートでの項目と商品の項目で不都合がなければASPは施工しやすく、特に初心者の方にはよいのではないかと思います。

お願い

 検索でここにたどり着いた方は、自営業者さんでWelcartを導入しようと思っている方だと思います。役に立った方は、ビジネスでの贈り物に当店生まれ年ワインショップもしくは、日本初のプレゼント専門ワインショッププレゼントワインショップをご利用いただけると嬉しいですm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生まれ年ワインショップ

生まれ年ワインの魅力は何といっても、生きていた時間を飲むということです。自分と同じ年数を生きている飲食物なんて考えられますか?
大切な方の特別な記念日に、忘れられない生まれ年ワインを贈りませんか?

『生まれ年ワインショップ』へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*